FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくらの醤油漬け

旦那様、ここでもう一品 vol.3

「いくらの醤油漬け」

さて、北海道は秋も深まり朝晩は長袖なしには過ごせません。

鮮魚売り場を覗けば、もう鮭の生筋子が並んでいるではあーりませんか!

これはぜひ食べねば!ということで今回は今年初のいくら醤油漬けにチャレンジです。

まずは筋子の一粒一粒をばらす作業から。

40度前後のぬるま湯(これは意外ですよね)で丁寧にほぐしていきます。

温度で白く変色してしまいますが気にしない、気にしない☆

ここでポイント!

潰れてしまったいくらや筋子の皮は一旦流水で舞い上がらせてから上澄みと一緒に流すことにより上手に分けることができます。

大体きれいになってきたら今度は冷たい塩水にさらします。

不思議なことに塩水にさらした瞬間、色は鮮やかなピンク色に変色します!

ざるにあげるとこんな感じ↓

Dsc_0001_1

きれいですねー!

これが全部孵化して、全部育って、また全部孵化して、全部育って・・・

そんなことありえませんが(笑)。

鮭界の合計特殊出生率はいったいどれくらいなのでしょうか?気になるなぁ。

そんな話はさておき、次に漬け込むたれを作ります。

調味料の割合は

酒:みりん:醤油=1:1:2

です。醤油は旨味を含んだ昆布醤油を使うと良いでしょう。

これを火にかけてアルコール分を飛ばし、冷まします。

ざるに上げておいたいくらと混ぜ合わせ冷蔵庫で一晩漬け込めば完成!

いただきまーす☆

Dsc_0001

美味い! これぞ北海道人の醍醐味!

~追記~

ジャズ研のお母さんことヒロさんによれば漬け込むたれは生醤油のみという作り方もあるそうです。長年いろいろ試してこの方法に落ち着いたのだとか。今度試してみまーす!

スポンサーサイト

Comment

いいなぁ~いいなぁ~

更新~~

します!!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。