FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室蘭ジャズクルーズ

今年も参加しました。室蘭ジャズクルーズ。

本番前日と当日で参加しました。

いや~、いろいろあったけど楽しかった!

一番の思い出はやっぱり小沼ようすけさんに会えたこと!

ウェルカムパーティでは失礼を承知で突撃し、お話をすることができました。

ギターにサインももらっちゃいました(>_<)!!あのギターは死ぬまで売りません(笑)

さらに、な、なんと、本番でギターのチューニングをやらせていただけることに!?

小沼さんのギターに触ることができるなんて・・・。こんなチャンスもう二度とないかもしれません。セッティングなども見ることができる!!

しかーし!本番では大失敗をしてしまいました。

・・・・チューニングできなかったんです。マジで凹みました・・・・。ギタリストがギターのチューニングもできないなんて・・・・。

以下、詳細。

 セットの合間にステージ上でオルガンのA(電圧が不安定で450Hzくらいだったらしい!?)をならしながらチューニングを行うようなので、どれぐらいの時間でできるものかと前日、寝る前に、家にあったギターの弦を全部ゆるめAの音に5弦を合わせチューニングしてみました。この時は問題なくぱぱっと合ったのですが・・・。いざ本番になるとこれがうまくいかない!?泣きそうになりました、逃げ出したくなりました。ギターも3本もあり、リトルパニック!結局335一本だけチューニングして終わってしまいました(マネージャーさんが手伝ってくれました)。緊張のあまり手は震え、ステージ上での記憶もほとんどありません(おい)。ほんと小沼さんごめんなさいm(_ _)m!!!

しかしいろいろと勉強になりました。ほんと、ありがとうございました。

小沼さんの335の弾き込まれ方は凄まじいものでした。ネックの親指の動く部分なんて塗装がボロボロ。やはりプロの練習量というのは半端ないんですね。楽器の鳴りも完全に小沼さん独特のものになっているそうです。弦は0.12(たしかラウンド・・・)。セミアコということもあり3弦はプレーンだそうです。

今回の出来事を教訓に練習に励みます!

とりあえず、チューナーは完全に使わないことにしました(笑)。最近は全て部室ピアノでチューニングしてます。

しかし、小沼ようすけトリオの演奏、かっこよかったなぁ!サムスカンクファンクにはぶっ飛びました。トリオの一体感が最高です。ギター、オルガン、ドラム。お互いに煽り、絡み、弾けていました。リハの時にさらっと弾いていたガッドギターでのオレオのソロギターも良かったなぁ。小沼さんの弾くギターは綺麗で気持ちいい感じですね。使用ギターにTaylorのT5があったのも嬉しかった(笑)。Taylorファンなもので。ちなみにガッドギターもTaylorでした。サリナジョーンズも良かった!これぞジャズ的なベテランプレイ。外警備だったのでほとんど聞こえなかったのが残念・・・。

ラストは渡辺貞夫!ナベサダに感動しました!もうロングトーン吹いてくれるだけでいいです(笑)。すばらしい音色だったなぁ。全てを包み込むように優しく、強く、そしてどこか崇高な音色。曲目はわかりませんけど泣きそうになっちゃいました。感動。ベースもよかったなぁ。ソロの盛り上げ方がうまい。ンジャセ・ニャンは部内でブームです(笑)。

めちゃめちゃ疲れたけど、いろいろと得るものの多い2日間でした!大満足!

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。